絵はあとから考えても良い

パパっとホームページを完成させたいなら、
とにかくページに文章を埋め込んでいくことです。

そこに画像はなくても良いのです。
あとからだって埋め込むことができますし、
早めにアップしてしまいたいというときにはその方法でも良いかと思います。

理想では予め準備した文章と画像を持っておくことです。
それをワードやエクセルを使って配置してイメージをつくり上げることです。
それを1日のうちにアップしてしまう。
この繰り返しを1日1日といった感じにすれば
アクセス数は増えていきます。

でもホームページなら長い間生き続けます。
無料ブログの場合は検索されない限り、更新時のみアクセス数が多くなるという形です。

無料ブログの方では新着記事として紹介されますので
そこから入ってくる方は意外と多いのです。

ホームページなら画像をあとで入れてもOKというのはそういった理由があります。
長く持てば持つほどアクセスがあるというわけなのです。
もちろん、読者が納得するページ数を持ち、更新はしていきましょう。

打ち合わせに時間をかけたいなら

ホームページは慣れると簡単に作ることができますが、
専門業者とのしっかりとした打ち合わせをして依頼をしたいのなら、
簡単に行くことが出来る距離の業者を選ぶことです。

また、SEO対策も同じように考えたほうがよく、
例えば茨城に会社やお店があるのなら、
茨城県 取手のSEOコンサルタント会社を利用するといった感じです。

しっかりとした打ち合わせで得られるものは、
時間こそ使いますが、売上高を上げていくものにつながると思います。

簡単な打ち合わせ、または打ち合わせもないとなると
それなりの物しか仕上がりません。

コンサルタント会社でも、ホームページ制作会社でも
相談する際にはコンサルタント料がかかりますが、
それだけの価値が有るものなのです。

どうやったら我が社の売上を上げることができるのか。

それを相談しますので、無料ということはありません。
売上が上がるのならそれだけ、もしかしたらそれ以上の価値があるということになりますよね?

直接あって打ち合わせするのに飛行機や新幹線を使うと
それだけの費用がかかりますし、時間ももったいないと思います。

敏腕な方のもとの行くのならそれだけの勝ちはあるでしょうが、
タイム・イズ・マネーとして考えると、
近くに専門でコンサルタントをしてくれる業者を探したほうが良いこともあります。

実は簡単

ホームページを作ろうと思っていても、ちょっと敷居が高いと思っている人は大抵HTMLに抵抗を感じるのです。

しかし、HTMLを使いこなせなくても、実際には困りません。

優秀なソフトがありますし、ソースを公開しているところもあるのですから。

制作ソフトを使って

スタイルシートの文字列は何が書いてあるかわかりません。

実際にその文字を完璧に理解している人はそれほどいなく、プロでも大まかにしか覚えていないのです。

それはスタイルシートを簡単に作成できるソフトがあるのでその様にできるのです。

長く放置しすぎない

ホームページを放置しておくと、ある一定の時期にどんどん検索結果の順位が落ちていきます。

探しても探しても全く見つからないということもあるのです。

こうなったら、すでに過去の遺産といっても良い扱いですね。

たまには更新作業をしてあげたいですね。

DTDの宣言

このHTMLファイルは、HTMLの○○バージョン規則に沿って作られていますという宣言の事をDTD宣言といいます。

この宣言がなくてもブラウザはページを表示してくれるが、必ず入力しておいてほしいのです。

この宣言がないと正しく内容を表示してくれなかったり、ブラウザの種類によっては表示の違いがあるからです。