広告募集のためのホームページを作ってみる

アフィリエイトというものがありますが、
これはASPなどの広告を貼り付けて小遣い程度から稼いでいくものです。

もしあなたにホームページ集客術ができるのなら、
逆にこちらから広告主をみつけてそれを主体とした
ホームページを作ってみてもいいと思います。

アフィリエイトとの違いは、クリックして売れたらいくらではなく、
広告枠を月々買ってもらってそこから収益を確実に得るのです。

ただこの方法が成り立つのは集客力が勝負です。

アクセス数も少ないのに広告主がお金を出すわけはありません。

メルマガに広告掲載募集をかける

前回、広告掲載で稼ぐサイトの話をしましたが、
個人でもブログなどに広告募集をかけることも可能です。

実は最近目にしたメルマガで
「私のメルマガに広告掲載しませんか?」
というものを見かけました。

ブログやホームページだと動きがないサイトに掲載をお願いしても
費用ばかりが出ていきますが、
メルマガを配信している方は定期的に特定の方々に情報を送っています。

それに掲載されるわけですので、目にする頻度は高くなります。

メルマガの発行部数が多い、
メルマガ登録されている方が多いと
お金を出して広告掲載をお願いしても損ではないと感じました。

広告掲載で稼ぐサイト作成

簡単なアフィリエイトとして、広告を掲載するだけのものがあります。

がっつりと稼いでいる方は広告を掲載するだけではなく、
体験談を綴ったサイトやランキングサイトなどをたくさん作り
報酬単価の高い商品を選んでアフィリエイトをしています。

この方法は初心者には向きません。
ハードルが高すぎるのです。

広告掲載だけであれば、ブログを運営すればOKで
メニューバーに広告を貼ったり、記事中に広告を貼ったりするのです。

ただ、ジャンルの違う商品を扱っていては稼げません。
まとまりのないサイトになるため
そこから広告を見てくれる可能性が低いのです。

ダイエットブログにはダイエット関連の広告。
美容ブログならコスメなどの広告といった形でやっていきます。

度のブログもとにかく毎日更新してください。

大手の広告代理店にネット広告任せているから。

大手の広告代理店にネット広告任せているから大丈夫。だと
お考えではないですか?

ネット広告の代表的なOVERTUREなどに関しても、
最終的なコンバージョン(目的)の設定によりブランディング、
プロモーション重視のマスメディア的な出稿手法、
ロングテール型でCPAを落としていく手法、クロスメディア手法、
競合会社の分析によるLPOなど様々な対策・手法があります。

大手の広告代理店に任せているからと言って、
それが全て結果に繋がるとは限らないのです。