1メニューずつコツコツアップしてもいい

ホームページはすべてのコンテンツが完成してからアップした方がいいのですが、
反応を見ながら作っていくには1メニューずつアップしても良いと思います。

まずは基本となる部分から作って行きましょう。

基本となるメニューには会社概要やサイト説明などがあります。
どのようなサイトであるのかわかるようなページということになりますが、
それはトップページとなります。

それをつくった後には商品をアップして行ったり、
商品に関連する情報を作って行きましょう。
商品詳細ページや、発送やお支払いに関しての記事です。
画像があるのならその時点でアップしましょう。

その後にはあなたの自己紹介ページを作ってもいいでしょう。

ページが増えるごとにあったほうが良いメニューだって浮かんできますし
ページだって増えてきます。

一旦完成したと思っても、すべてのページをチェックし、
リンクやボタンが適切な位置にあるかも定期的に確認をしましょう。

完成までに10日程度でどうでしょう?
それからまた手を加えるはずですのでアクセスアップに有効な毎日更新が可能になります。

何が足りないのか?

もしあなたが販売用のホームページを作るとしたら、あなたが準備できるもの以外では何が足りないのでしょう?

画層がほしいと思ったらそれが足りないということになりますね?

そのような時はフリー素材集から探してくればいいでしょう。適当なものが見つかればそれをダウンロードしてくればいいのです。でも、くれぐれも注意してほしいことは「商用目的では使わないでください」と書かれているものを持ってこないということになります。商用で使う場合には禁止をしているサイトが多くあります。

さて、文章を作ってみたけどいまいちだ。

そう思ったのなら足りないのは説得力のある文書作成能力です。

これはフリー素材集というものはありませんので、誰かに書いてもらうしかありません。在宅でライティングの仕事をしている方を在宅ワーク求人募集サイトから探してきてください。

説明をイラストで行いたいと思ったら、イラストレーターやフォトショップを扱える人を探しましょう。誰かに依頼をするときには費用が発生するのは当然ですが、完全オリジナルですのでお金を払う価値があります。

文章について

読みやすい文章は誰が見てもいいものです。

ぱっと見、読みにくさを感じてもハマってしまうこともありますが、
ネットビジネスをするのなら読みやすさに重点を置いてください。

読みにくいものとしては、文字が小さい、ギュウギュウに押し込まれている、
改行もされていないために少しでも目を離すとどこまで読んだのかがわからなくなる。
などになると思います。

他には、ですます調で堅苦しいものになっている、
専門用語だらけで読んでいて理解がしにくい、
くだけ過ぎていて腹ただしくなってくるなどがあります。

これは言葉の使い方によるものですが、
ですます調で書かなければならないのは、公的文書や
辞書的なものになるのではないでしょうか?

これを少し崩すと企業で使える文体となり、
更に崩すと個人単位のブログなどに使えます。
または若者向けのサイトに適しています。

読みやすくなる文章の作り方としては、
「です(でした)」「ます(ました)」を交互に組み合わせていく。
または「ですよね?」という語り口調を入れるという方法などがあります。

話が変わるときや、否定が入るときには正しい言葉でそれを表してください。

骨組みから作ってしまう

文章で悩むのなら、まずは骨組みから建ててしまってください。

骨組みとは、必要最低限掲載しなければならないことをタイトルとして建てるということです。

例えば「このサイトについて」「取扱商品」「会社概要」「お支払と発送について」「アラカルト」
といったものです。

これ自体がメニューとなりますので、次はその中身を入れる作業に取り掛かります。

サイトについてという項目がかけないのなら省いてしまって構いません。
でも、こだわりの商品を扱う場合にはSEO対策にもなりますし
サイトのコンセプトもわかりますので書いてください。
例えば、「環境にやさしい商品を扱っています」など気持ちも入れながら作り上げていくのです。

アラカルトという部分ではアバウトで構いません。
もしくは無くてもいいでしょう。

でも商品の使い道のたとえをそこに掲載することで
訪れた方にイメージを与えて購買意欲を掻き立てることもありますので
工夫して作ってみてください。

画像は同じ環境下で撮りたい

ホームページに使う画像は、できるだけ同じ環境下で撮影しましょう。

画素数を統一することで編集も楽になりますし、
商品イメージの写真でも同じ環境下だと違和感がありません。

ただ、白いものを撮影するなら白が引き立つバックカラーは必要です。
逆に言うと、黒っぽいダークな色合いのものだと、バックカラーも明るめにするなどです。

イメージとして伝えたいものであれば同じ環境下じゃなくても良いでしょう。

例えば朝食の食卓の風景なら柔らかな日差しが差し込んだ感じがいいですし、
ランチなら料理だけでアピールしてみる、
ディナーなら暖色系の照明のもとで撮影してみるなどです。

こうやって言葉にするだけでもイメージとして湧いてきますよね?

朝食、昼食、夕食が全てが同じ環境下のもとで撮影されるとどうでしょう?
平坦な感じがしますし、料理の持ち味が発揮されません。
メニューとして紹介する程度の写真から構わないのですが、
レストランであったり、あるいはテーブルコーディネートのお店のリネン商品である場合、
魅力を最大限に引き出したほうが商品はよく売れるのです。

分からないものは思っている単語で調べる

ホームページ作成はやろうとおもったら意外と簡単にできるのですが、
もし知らない部分が出てきたときにはネットで検索することです。

そのものの単語を知らない場合でもネットでは検索することができます。

辞書のように使えるということになりますが、辞書にかかれてある言葉は難しく、
それにヒットする単語はないといってもいいくらいです。

辞書ではホームページ作成に使える情報はありませんので、
ネットユーザーたちが作り上げてきたサイトを探しましょう。

例えば文字にリンクを貼りたい。
となるとテキストリンクタグとなるのですが、その単語がわからなければ
「文字 リンク 貼る」と探せばいいのです。

単語がわからなくても説明している文書にそれらが入っていますので、
検索結果として反映されてきます。

画像にリンクを貼りたい場合にもそうやって探していけばいいのです。

引っかかってきたら検索してその方法を探していく。
そうやることでホームページ作成に自信がついてきます。

広告募集のためのホームページを作ってみる

アフィリエイトというものがありますが、
これはASPなどの広告を貼り付けて小遣い程度から稼いでいくものです。

もしあなたにホームページ集客術ができるのなら、
逆にこちらから広告主をみつけてそれを主体とした
ホームページを作ってみてもいいと思います。

アフィリエイトとの違いは、クリックして売れたらいくらではなく、
広告枠を月々買ってもらってそこから収益を確実に得るのです。

ただこの方法が成り立つのは集客力が勝負です。

アクセス数も少ないのに広告主がお金を出すわけはありません。

苦手な部分は誰かにやってもらえばいい

簡単に手早くホームページをたちあげたいのなら、
苦手な部分を克服しなくてもいいと思います。

人には得手不得手がありますので、
得意な人に任せる部分と、自分が得意な部分を分担すればいいのです。

ハード面が得意なら箱物を作ってもらい、
ソフト面が得意なら記事製作やカラーの配置を担当してもいいでしょう。

それでも苦手部分が出たのであれば、SOHOで活躍している人を募集すればいいのです。

時給換算し募集をすれば沢山の人材が応募してきますよ?
在宅ワークをして生計を立てている人は想像以上に多いのです。

メニューから作れば手っ取り早い

簡単にホームページを作る方法は、まずメニューを立てることです。

商売用だとしたらある程度決まっています。

会社について、商品発送と送料について、商品のカテゴリ、
よくある質問と答え、最低これくらいあればいいでしょう。

メニューを決めるとある程度埋められませんか?

商品のカテゴリではアイテム数が多い場合、
幾つかに分ければいいでしょう。
キッチンアイテム、寝具類、トイレ用品など。

分かる銘柄のものであれば、あ~か、さ~な
でもいいでしょう。
その場合は銘柄をどこかで紹介する必要があます。

記事に自信がない?

ホームページを作るのは簡単だといっても、
その中に入れるものがなければ、作っても意味がありません。

画像だって必要ですし、文章だって必要です。

写真が趣味でそれを見せたいという方なら、
文章を考える必要はありません。

写真をとった場所と時間、感想だけでいいのですから。

文章力がない、記事に自身がないのなら、
誰かにお願いしてかいてもらっても良いと思います。

表現がおかしな部分のみ訂正という事はできますよね?

それであれば、楽にホームページが完成します。