画像は同じ環境下で撮りたい

ホームページに使う画像は、できるだけ同じ環境下で撮影しましょう。

画素数を統一することで編集も楽になりますし、
商品イメージの写真でも同じ環境下だと違和感がありません。

ただ、白いものを撮影するなら白が引き立つバックカラーは必要です。
逆に言うと、黒っぽいダークな色合いのものだと、バックカラーも明るめにするなどです。

イメージとして伝えたいものであれば同じ環境下じゃなくても良いでしょう。

例えば朝食の食卓の風景なら柔らかな日差しが差し込んだ感じがいいですし、
ランチなら料理だけでアピールしてみる、
ディナーなら暖色系の照明のもとで撮影してみるなどです。

こうやって言葉にするだけでもイメージとして湧いてきますよね?

朝食、昼食、夕食が全てが同じ環境下のもとで撮影されるとどうでしょう?
平坦な感じがしますし、料理の持ち味が発揮されません。
メニューとして紹介する程度の写真から構わないのですが、
レストランであったり、あるいはテーブルコーディネートのお店のリネン商品である場合、
魅力を最大限に引き出したほうが商品はよく売れるのです。