広告掲載で稼ぐサイト作成

簡単なアフィリエイトとして、広告を掲載するだけのものがあります。

がっつりと稼いでいる方は広告を掲載するだけではなく、
体験談を綴ったサイトやランキングサイトなどをたくさん作り
報酬単価の高い商品を選んでアフィリエイトをしています。

この方法は初心者には向きません。
ハードルが高すぎるのです。

広告掲載だけであれば、ブログを運営すればOKで
メニューバーに広告を貼ったり、記事中に広告を貼ったりするのです。

ただ、ジャンルの違う商品を扱っていては稼げません。
まとまりのないサイトになるため
そこから広告を見てくれる可能性が低いのです。

ダイエットブログにはダイエット関連の広告。
美容ブログならコスメなどの広告といった形でやっていきます。

度のブログもとにかく毎日更新してください。

苦手な部分は誰かにやってもらえばいい

簡単に手早くホームページをたちあげたいのなら、
苦手な部分を克服しなくてもいいと思います。

人には得手不得手がありますので、
得意な人に任せる部分と、自分が得意な部分を分担すればいいのです。

ハード面が得意なら箱物を作ってもらい、
ソフト面が得意なら記事製作やカラーの配置を担当してもいいでしょう。

それでも苦手部分が出たのであれば、SOHOで活躍している人を募集すればいいのです。

時給換算し募集をすれば沢山の人材が応募してきますよ?
在宅ワークをして生計を立てている人は想像以上に多いのです。

メニューから作れば手っ取り早い

簡単にホームページを作る方法は、まずメニューを立てることです。

商売用だとしたらある程度決まっています。

会社について、商品発送と送料について、商品のカテゴリ、
よくある質問と答え、最低これくらいあればいいでしょう。

メニューを決めるとある程度埋められませんか?

商品のカテゴリではアイテム数が多い場合、
幾つかに分ければいいでしょう。
キッチンアイテム、寝具類、トイレ用品など。

分かる銘柄のものであれば、あ~か、さ~な
でもいいでしょう。
その場合は銘柄をどこかで紹介する必要があます。

記事に自信がない?

ホームページを作るのは簡単だといっても、
その中に入れるものがなければ、作っても意味がありません。

画像だって必要ですし、文章だって必要です。

写真が趣味でそれを見せたいという方なら、
文章を考える必要はありません。

写真をとった場所と時間、感想だけでいいのですから。

文章力がない、記事に自身がないのなら、
誰かにお願いしてかいてもらっても良いと思います。

表現がおかしな部分のみ訂正という事はできますよね?

それであれば、楽にホームページが完成します。

私が苦手なのはアップロード

私もホームページを制作していますが、
苦手なのはサーバーへのアップロードなのです。

これは使うサーバにもよるのですが、
FFFTPをつかってアップロードしなければ、
ネット上に公開することはできず、やり方が異なることもあるのです。

単に人任せになってただけかもしれませんが、
日が手を克服すればいとも簡単にできると思います。

ホームページはまずデザインを考えることからはじめ、
まとまったらサーバとの契約をしてください。
サーバを持っている方は稀ですので、
レンタルするのが一般的です。

無駄に時間を費やさないよう、
しっかりと構成まで決めて借りてください。

実は簡単

ホームページを作ろうと思っていても、ちょっと敷居が高いと思っている人は大抵HTMLに抵抗を感じるのです。

しかし、HTMLを使いこなせなくても、実際には困りません。

優秀なソフトがありますし、ソースを公開しているところもあるのですから。

制作ソフトを使って

スタイルシートの文字列は何が書いてあるかわかりません。

実際にその文字を完璧に理解している人はそれほどいなく、プロでも大まかにしか覚えていないのです。

それはスタイルシートを簡単に作成できるソフトがあるのでその様にできるのです。

長く放置しすぎない

ホームページを放置しておくと、ある一定の時期にどんどん検索結果の順位が落ちていきます。

探しても探しても全く見つからないということもあるのです。

こうなったら、すでに過去の遺産といっても良い扱いですね。

たまには更新作業をしてあげたいですね。

業者に一部まかせる

究極に簡単に作るのであれば、制作会社に依頼することです。

自分の要望を伝え、要望通りのデザインにしてもらいましょう。

しかし、全部まかせてしまうととても料金がかかってしまいます。

全体像ができたら、あとは自分で管理できる位のスキルは欲しいですね。

一番大変なところをやってもらい、簡単なところを自分ですることで効率的に作ることができます。

ホームページにツイートを表示

Twitterはその人の「今」を伝える事ができます。

ホームページやブログでそれをしようとすれば、なかなかダイレクトにはいかないものです。

最近ではホームページのトップにツイートを表示させるのが流行していますね。

こうした方法をとることで、サイトが生きたものになるのです。